外来受付電話 0282-87-2209
平日:午前9時~16時30分 土曜日:午前9時~12時30分(第三土曜日は休診)

独協医科大学 眼科学教室

HOME教授よりご挨拶診療内容入局のご案内業績一覧医療関係者の方

入局案内

入局希望の方
受診をご希望の方
医療従事者の方

入局のご案内

当教室では毎週火曜日に医局会を開き、入院患者さまの症例検討、手術症例の検討などを行い、水曜日には教授回診、土曜日には外来患者さまの症例検討を行っています。

私たちと共に学び、働きませんか?

私たちと共に学び、働きませんか?

研修医向けの勉強会は、多岐にわたるテーマにおいて、各医局員が随時クルズスを行い、手術教育としては、顕微鏡下手術のトレーニングとして、豚眼を用いて臨床で使用されている白内障手術マシーンを使ったウェットラボを随時行っています。着実な実習教育の甲斐あって、研修医から積極的に手術参加ができ、多くの手術を経験できるシステムが構築できています。

平成25年度より、初期研修医向けの眼科臨床セミナー「DOCの会」を開催し、年に一度半日かけて、白内障手術やレーザー治療等の体験、講義を行っています。

→「DOCの会」の詳細はこちらからどうぞ

局員同士のコミュニケーションも大切にしています

局員同士のコミュニケーションも大切にしています

年間を通して、春は新入医局員の歓迎会、夏は納涼会やバーベキュー、冬は忘年会やスキー旅行などイベントが多く、各スタッフと交流を深め、笑いの絶えない雰囲気で臨床、研究に取り組める環境が整っています。

初期臨床研修および後期研修(レジデント)として、当教室での研修を希望される方は、大学病院のウェブサイトをご参照いただくか、当教室へ直接ご相談ください。後期研修プログラム修了後に入局を希望される方は、当教室へ直接ご連絡ください。


お気軽にお問い合わせください

獨協医科大学眼科学教室 〒321-0293栃木県下都賀郡壬生町北小林880 Tel:0282-87-2163 Fax:0282-86-0630 担当 後藤 憲仁 email:norigotoh.dokkyomed@gmail.com

後期研修医の一日

入局1年目Dr.

入局2年目Dr.

後期研修医二年目のある一日です。朝が早い日もあったりしますが、一日がギュッと凝縮されているような生活です。仕事には全力投球で臨みつつ、割と自分の時間が持てるので、研究・勉強・手技練習・趣味の時間など各自が比較的自由に過ごせるのも 眼科の魅力ではないかと思います。

6:40 起床

なんとか起床しますが、二度寝を経て通勤の準備・朝食。一日の基本は朝御飯からですね。

7:30 病棟到着

まずは、患者さまの様子を見て回り、病態に応じて散瞳剤の点眼をしていきます。患者さまとの信頼関係も毎朝の元気な挨拶が基本。

7:45 診察

まずは自分で受け持ち患者さまの診察をして、それから上級医と一緒に診察をします。診察所見とともに自分の考えを付け加えてチェックしてもらいます。この時が一番勉強になる瞬間です。

9:00 病棟業務

病棟にて、その日に入院となる患者さまの入院指示や、手術に向けての指示を出します。当院眼科の特徴の一つが、入院患者さまの多さ≒経験症例数の多さです。大学病院ならではの難症例から一般的な症例まで多岐にわたります。当院が市中病院としての役割も持っているからこそ経験できることであり、私たちレジデントにとって勉強になる環境です。

12:00 昼食

やはり元気の源は御飯です。同期のレジデントと共にランチをとります。

12:30 外来、オペ助手

外来がある日は、教授の下で膨大な数の患者さまの診察を手伝います。忙しい外来の合間に教授から直々に指導してもらえます。診察終了後は、教授が自らフィードバックしてくれるため、知識の整理・獲得につながります。
外来の合間にもオペ助手に入ります。白内障、網膜剥離、角膜移植など経験できる症例は多岐にわたります。オペ助手を通じて手技を学び、また上級医の厳重な判断のもと執刀に参加していきます。

18:00 自由時間

その日の疑問点の解決、手術動画の見直しなどをします。医局員室で仲のいい先輩がいると、ついつい疑問点やオペのアドバイスを聞きすぎてしまい遅くなってしまうことも。

19:00 帰宅

緊急手術がなければすんなりと帰ります。緊急手術は多い日では3~4件行うこともあり、この時間に帰ることはありませんが、レジデントが多く学べる機会であるため、積極的に参加します。

19:30 クルズス

今日は各分野のエキスパートによる勉強会がある日です。自分たちの日常診療にすぐ役立つようなリアルな知識を教えてもらえます。この日も沢山の知識を得ることができました。

先輩Drのメッセージ

先輩Drのメッセージ

入局4年目Dr.

私は2012年に獨協医科大学眼科学教室に後期研修医として入局しました。
入局から後期研修の2年の間に多くの患者さまを診察する機会に恵まれ、白内障手術も数多く施行してきました。我々の医局では特に手術において上級医の手厚い指導がなされており、他院の後期研修医より多くの患者さまの執刀医として参加させていただくことができたと思います。自分が執刀医になるということの責任は決して軽いものではありませんが、術後の診察で『よく見えるようになった』、『生活が楽になった』と患者さまから仰っていただけた時の喜びは、執刀医でなければ味わうことができないものと感じました。
今後も患者さまのため、また私を指導してくださった先輩医師のように、将来後輩医師の指導を行えるように日々研鑽を重ねていこうと思っています。

女性医師支援の制度

女性医師支援の制度

当院では育児短時間勤務制度を導入しています。子供を養育する医師の勤務の特例措置として、専任教員等の身分を保有したまま、週20時間の短時間勤務が申請できます。
当院女性医師支援センターが窓口となって、キャリアサポート、環境サポート、情報サポート等を行っています。

当科においても、出産・育児等により臨床から離れてしまった女性医師を支援しています。眼科診療と家庭・子育てを両立できる環境を提供して、診療復帰をサポートいたします。

女性医師支援の制度を利用したDrからの声

女性医師支援の制度を利用したDrからの声

私は平成23年3月に獨協医科大学を卒業し、卒後2年間杏林大学病院にて初期研修を修了後、平成25年4月に獨協医科大学眼科学教室に入局しました。
初期研修2年時に妊娠し、同年の12月より産休を頂き1月に出産しました。当教室には平成25年10月より復帰し、周囲の先生方に支えて頂きながら働いています。
現在は週休1日で当直はしていません。両方の両親とも県外に住んでおり、栃木に頻繁に来ることが出来ず、主人もまた医師をしています。大変有難いことに周囲の先生方から気を使って頂き、17時近くになると手術を代わって頂いたりと、毎日保育園に迎えに行ける時間に仕事を終わらせて帰宅することができています。また子供の急な発熱やその他病気の時にも、周囲の先生方のフォローがあり、途中で早めに帰宅することもあります。
現在こういった環境ですが、通常通り働いている後期研修医の先生方と時間的な経験の差はありますが、上級医の先生方から同等に手技や指針など教えて頂き、充分に勉強できることに大変感謝し、また満足しています。現在当医局では女性医師支援の制度を利用している先生方が多数在籍しています。
当医局員に子供を持つ女性また男性医師が多く、大変理解がある環境であったこと、病院全体で女医支援制度がきちんと示されていたこと、獨協医科大学病院関連の保育園があり補助があること等、今後臨床への復帰を考えられている先生にはとても最適な環境だと思います。

眼科臨床セミナー「DOCの会」 DOKKYO MEDICAL UNIVERSITY OPHTHALMIC CLINICAL SEMINAR

DOCの会とは?

当科では初期研修医向けのセミナーを年に一度行っています。
白内障手術体験、レーザー体験、各検査体験や講義により、眼科の魅力を知っていただき、また当教室の雰囲気を味わっていただきたいと思います。

第2回DOCの会を開催しました!!

 
 

今年度も第2回DOCの会を、2014年10月4日(土)獨協医科大学病院にて開催しました。
今年はレーシック、角膜移植体験コーナーが追加となり、幅広い手術・医療機器の体験が可能となりました。各講演も眼科の世界、獨協の眼科の実際と内容が豊富で、獨協医科大学眼科を味わえる一日となりました。詳細は後日公開します。


第1回DOCの会を開催しました!!

日時:2013年11月9日(土) 13:30~18:00
会場:獨協医科大学病院構内
第1回DOCの会

須田雄三講師の開会の挨拶を皮切りに、情報交換会を開始。研修医の先生を囲んで、昼食を取りながらざっくばらんに意見交換。

第1回DOCの会第1回DOCの会

昼食後ウェットラボを行うにあたり、後藤憲仁助教より、最新の白内障手術および白内障手術の手技を講演。フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術の話もありました。

第1回DOCの会

白内障手術体験では、臨床で使われている白内障マシーンを用いて行います。2グループに分かれ研修医の先生を囲み、インストラクターDrが側視鏡で確認しながら指導、解説を行います。同時にモニターでも手技が確認でき、グループ全員で参加することができます。

第1回DOCの会

YAGレーザー(後発白内障治療)の体験、OCT撮影体験、鶏肉を用いた炭酸ガスレーザー体験、顕微鏡下縫合体験など、普段経験することのできない手技を体験できます。

第1回DOCの会

講演が終了し、約5時間におよぶセミナーは終了となりました。
顕微鏡下での手技体験など、眼科研修をまわらなければ体験できないことが一日で経験することができ、内容の詰まったセミナーとなりました。

アクセス

電車を利用する場合

・JR宇都宮線「宇都宮駅」下車、市内バスにて「東武宇都宮駅」まで10分、東武宇都宮線「東武宇都宮駅」より「おもちゃのまち駅」下車、駅西口よりバスにて3分、徒歩10分
・JR宇都宮線「石橋駅」からタクシーにて15分

高速道路を利用する場合

・東北自動車道から栃木都賀JCT経由、北関東自動車道「壬生IC」から3分
・東北自動車道「栃木IC」から20分
・東北自動車道「鹿沼IC」から20分